脳に眼鏡をかける」その1 20200114

「脳に眼鏡をかける」工夫や道具、デジタルツールの紹介です。
「その1」は印刷された文字への工夫。

印刷された文字への工夫

印刷された文字を、読み易いように工夫しましょう。

  文節を分かり易くする為、スラッシュを入れてみましょう
  文節ごとに、スラッシュを入れ「わかち書き」にして、読み易くします。
  以下はイメージサンプルです。


 前後の行を隠す、リーディングトラックを使いましょう。
   クリアファイルで手作りも出来ます。
    キハラ リーディングトラッカーの販売サイトです。
    https://store.shopping.yahoo.co.jp/bookbuddy/n10-48300a.html
   以下はイメージサンプルです。

神山忠さんの「文節を分かり易く」の説明
ディスレクシアの当事者である、神山忠さんは小学校時代の工夫を以下のように述べられています。
引用:2011年調布デイジー講演会から
分かち書きにするだけで、丸暗記をしなくて済むんですよ。今日は天気がいいのでと、意味のまとまりがくみやすいですよね。

    講師:神山忠さん         手話通訳:工藤咲子さん

    
    https://youtu.be/hKjuZkAS0kk?t=9m53s

印刷された文字を見安く変更
小さな文字、行間の詰まった文字で、びっしり書かれた文章は、健常者でも読みずらいです。
そこで、文字は大きくて拡大してみましょう。
以下はイメージサンプルです。

文字の背景は、見やすい色合いに変更してみましょう。
以下はイメージサンプルです。

↑ PAGE TOP

にちご綺麗